2016年09月12日

アトピー肌でも安心して使える化粧水があった

乾燥肌によるお肌でお悩みの方のケア方法としては、化粧水を使って乾燥したお肌にたっぷりと水分補給をした後、乳液を使ってお肌の表面に水分を逃さないようにバリアーをします。それに、体の内側からも、潤いを与えることが重要なので、一日2Lのペットボトル1本分の水を飲用するように努めてみてください。しっかりと保湿をして、ハリのあるお肌を取り戻しましょう。

アトピーを治したい人は、天然成分だけでできているようなスキンケアを使うことが望ましいです。中には塩水で治癒するという説もあり、風呂桶のお湯に塩を入れたり、夏は海に行って海水浴を行い続けると状態が改善すると言われています。しかし、実は、アトピーの箇所にはひっかいた傷があることがほとんどで、塩水ではとてもしみてしまうのが欠点です。

人より弱い肌の場合は、敏感な肌だと一括りにする事には無理がありますが、肌にとって厳しい事が掛からず、しかも肌の質に合った化粧品で、お手入れをするということが大事です。気温や肌の状態によって、肌の状態がそれぞれ違うというのも、荒れやすい肌の悲しいところです。それぞれの肌の状況に合わせて、丁寧にお手入れをするようにしましょう。

敏感肌イコール乾燥肌といっても良いくらい敏感肌と乾燥肌の関連性は深いものだといえます。乾燥肌へ肌の状態が変わってしまうと、ちょっとした程度の刺激を感じても過剰な反応を起こし、皮膚に赤みやかぶれ、腫れといった肌トラブルが発生してしまいます。これは、乾燥によって肌表面の角質層が薄まり、外部から、刺激を肌が内側まで通しやすくなっているのがその症状の理由です。

乾燥肌には保湿が重要です。乾燥肌に対する保湿は体の外からも内からも実施してください。具体的に体の外からというのは、肌に直接水分補給をして、保湿をするわけですね。洗顔するときは低刺激の洗顔料を使うか、何もつけず、ぬるめのお湯を使って軽く表皮に付いた汚れを落とすように洗顔しましょう。軽く顔を洗った後には、すぐに保湿することを忘れないでください。

肌が酷く荒れてしまって、どうしたらいいか分からないときは、まずは皮膚科を訪れ相談してください。肌荒れに効く保湿剤やビタミン剤などを勧めてくれます。さらに、早寝早起きで質の良い睡眠を多めにとるようにして、ビタミンやミネラルの多い食材を摂ることが大事です。巷で噂の一日一食健康法ですが、どんな若返り効果があるのか気になる人もたくさんいると思います。

超がつくほどの敏感肌の私は、とにかく化粧品が使えなくて困っていたのですが、友だちのすすめで使うようになったアトピーでもヒリヒリしない化粧水に出会ってから、お肌の状態がかなり改善しました。お腹がすいた状態になるとホルモンが分泌される量が増えると言われているので、それに起因する若返り効果があるようです。例えば、女性ホルモン量が増すにつれ、シワやたるみの出現をおさえるなどです。

表面の脂分が汚れをくっつけたりニキビと変化することも多いです。このような肌トラブルの繰り返しにより、シワやシミ、たるみの要因となります。その予防のためにポイントは洗顔です。たっぷりと泡立てて丁寧に洗顔することを行うようにしましょう。しかし、毎日、何度も顔を洗うことは、むしろ肌を傷めてしまいます。
posted by みなみさん at 15:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする